公開ミサ中止のお知らせ

このたびは、コロナウイルス感染症陽性となりましたので、
しばらくの間、公開ミサを中止いたします。
11日から再開を予定しています。その間の平日ミサの公開もありません。
主任司祭 山本英明

聖母被昇天ミサ

8月15日(月)の聖母被昇天のミサは午前10時から執り行います。
コロナ感染症が増えています。
大阪教区では引き続き大祝日のミサ参加の義務は免除されておりますので、
ご自身の判断で参加、欠席し、参加の場合はご自身のみならず、周りの方々のことも留意して、感染予防に各自取り組んでください。

ミサの再開について

9月30日で緊急事態宣言が解除されましたので、
10月3日より主日ミサ、平日ミサともに公開を再開することとします。
緊急事態宣言が解除されたとしても、感染拡予防への協力、また、守るべき祝日、主日ミサの参加義務への大司教による免除は続くと思われますので、自己の判断と責任で、各々の体調、状況を考慮し、無理な参加はお控えください。
主任司祭 山本英明

公開ミサを再開します

緊急事態宣言が20日に解除される見込みです。
それに伴い教区からの指示(措置その13)に従い、6月27日から主日ミサを公開いたします。
尚、平日の朝ミサは6月21日より公開します。
教区からの指示の通り、主日ミサ出席の義務は大司教から免除されていますので、無理をなさらず、各自で判断し、消毒を徹底、聖堂では不要の会話は避け、互いの距離を保ってください。
尚、感染予防があまりにも不可能と判断した場合、公開中止の判断をする場合があります。
主任司祭 山本英明

過越の聖なる3日間の典礼について

今年の聖木曜日、聖金曜日、復活徹夜祭はすべて午後7時よりおこないます。

尚、現在、コロナウイルス変異株の流行の兆しも否定できません。今まで通り、無理な参加を避け、ご自身の判断で参列なさるか、ご自宅で祈るか決めてください。
(主日ならびに守るべき祝日のミサの参加義務は只今免除があたえられています。)

また、この期間に再び緊急事態宣言発令された場合、公開ミサは中止となります。

主任司祭 山本英明

緊急事態宣言の解除に伴うミサ再開

大阪府は今月末に緊急事態宣言が解除される見込みです。
主日のミサは3月7日より公開ミサとします。
ガイドラインに従って、無理な参加は避け、各自の判断でミサに参加してください。
ただし、あまりにもガイドラインに逸脱した状況と責任者が判断した場合、再度、ミサの公開を中止する場合があります。
主任司祭 山本英明

緊急事態宣言期間中のミサについて

緊急事態宣言が発令されました。
期間は1月14日〜2月7日です。(※1)
当教会では、この期間の主日の公開ミサを中止することとします。
尚、平日のミサは通常通り行います。
司教協議会のガイドライン(※2)と教区の方針(※3)との違いが生じています。当教会は感染予防や感染発生時の追跡に不安がありますので、上記のようにすることといたします。
主任司祭 山本英明