緊急事態宣言期間中のミサについて

緊急事態宣言が発令されました。
期間は1月14日〜2月7日です。(※1)
当教会では、この期間の主日の公開ミサを中止することとします。
尚、平日のミサは通常通り行います。
司教協議会のガイドライン(※2)と教区の方針(※3)との違いが生じています。当教会は感染予防や感染発生時の追跡に不安がありますので、上記のようにすることといたします。
主任司祭 山本英明

1月1日の神の母聖マリアのミサについて

ミサは10時より行う予定です。
ただし、大阪府はレッドステージ(非常事態)が発令されており、年末年始のステイホームを呼びかけています。
大阪大司教は主日ミサおよび守るべき祝日のミサ出席義務を免除しています。
当日は大寒波も予想されています。
上記のことを踏まえ、各自判断してください。
尚、主日のミサ、平日のミサは平常通りです。
主任司祭 山本英明

クリスマスミサについて

現時点で、
夜半のミサ(24日午後7時)
日中のミサ(25日午前10時)
を予定しています。
コロナウイルス感染症流行下にありますので、どちらかひとつのクリスマスミサに参列するようにお願いします。
たとえば、24日は、お仕事等で夜にしか参列できない方、25日は平日の日中でも教会にこられる方が参加するようにしていただけたら幸いです。
尚、夜半ミサは検温を教会建物出入り口前で行う予定です。寒いかもわかりませんが、協力してください。参列者があまりにも多い場合は入堂をお断りする可能性もあります。
クリスマスミサまでに国、自治体、大司教からの新たな指針等で、中止になる場合もあります。
現在、大阪府による外出自粛要請、大阪大司教によるすべての信徒に対する主日及び守るべき祝日のミサ出席義務の免除が出ております。ひとりひとりが判断し、行動してください。
また、各自、司教協議会、大阪教区のガイドラインなどを参照し、マスク着用、アルコール消毒の協力、建物内では距離をとり、不要な私語も控えるよう願います。
茶話会、パーティー等もございませんので、ミサ後はすみやかに建物から出て、集団感染を避ける努力にも協力願います。
主任司祭 山本英明

8月15日聖母被昇天ミサ

本日(15日)の聖母被昇天ミサの参加者は59人でした。
明日、16日(日曜日)のミサも聖母被昇天のミサを行います。
参加人数の予測はできませんが、参考までに本日の参加者数をお知らせいたしました。
カトリック阿倍野教会 主任司祭 山本英明

聖母被昇天のミサ

コロナウイルスの新規感染者が増え続けているなか、15日土曜日の聖母被昇天のミサは午前10時よりおこないます。
尚、日本において、聖母被昇天は当日か、次の日曜日に祝うことができることになっています。阿倍野教会は被昇天の聖母教会となっていることも配慮し、16日の日曜日のミサも、聖母被昇天の意向で祝います。
混雑を避け、多くの方が聖母被昇天ミサを祝えるように、どちらかのミサに参加するようにしてください。
15日、夜のミサはございませんので注意してください。
尚、コロナウイルス対策として、現在の主日ミサと同じように、悪化が懸念される高齢者、持病をお持ちの方、それらの方々の看病、介護にあたる方、また当教会は完全な感染予防対策はできませんので、それを不安に思う方は自宅での祈りを強くすすめます。
また、本日より14日までに教区より公開ミサ中止等の指示があった場合、変更となりますのでご注意ください。
阿倍野教会 主任司祭 山本英明

当面の主日ミサについて

阿倍野教会はミサ再開後、主日ミサは70人以内の参加者で行われています。
私たちは感染症の専門家ではないので、行政等の見解、司教のガイドラインに可能な限り従うしかできません。
現在、ひとつの基準として、最大収容人数の半分程度が多くの方々に理解をいただける参加者数で、再開以後、その人数は守られていると思います。
今後も、司教がコロナウィルス感染により命の危険性の可能性が高いと言われている高齢者、持病をお持ちの方、またそれらの方々を介護、看病にあたる方々の主日ミサ参加義務の免除があたえられている限り、そのような方々がご自身と周りの方々の命を守るためにも自宅で祈りつづけることを強くすすめます。
また、感染ならびに教会での感染予防に不安な方も、無理な参加は控えてください。
この状況は、治療薬やワクチン開発、ウィルスの性質の解明までは続くかもわかりません。
司教区より新たな対策、指示の発表があるまではしばらく当教会としても、現状を維持してゆきます。
主日ミサの参加義務免除の変更、また感染状況、予防方法変更によるミサの中止等がありましたら、またお知らせしますが、しばらくこれまでの方向性を維持していきます。
平日は私が着任して以来、聖堂で、休暇、出張でないかぎり、月〜土曜日毎日朝7時より行っています。こちらも感染を完全に予防しているとは言えませんが、毎日10名程度で、距離的な問題はないと思います。
カトリック阿倍野教会主任司祭
          山本英明
2020年6月26日現在

主日のミサについて②

6月14日のミサの参加者は59人でした。
当教会では完全なコロナウイルス感染予防対策をすることは不可能です。
これに不安を覚える方、
司教から主日ミサの参加義務を免除される感染よって命の危険に陥る可能性のある持病をお持ちの方、高齢者の方、またこれらの人々を看病、介護される方々
は自宅での祈りを続けられることを強くすすめます。
平日のミサは毎朝7時より行われています。
10名に満たないときがほとんどです。ぜひ。
主任司祭 山本英明

主日ミサについて

6月7日のミサの参列者は68名でした。
コロナウィルスに関してまだまだ油断できない状況です。
引き続き、感染に不安を覚える方、また司教より主日のミサの義務が免除される悪化の恐れのある持病をお持ちの方、高齢者の方ならびにこれらの方々の看病、介護をされる方は自宅でのお祈りを続けられることることを強く勧めます。
尚、平日、朝7時よりミサを行っています。参列者は10名程度なので、主日のミサに不安を覚えられ、聖体拝領をお望みの信徒は是非。
主任司祭 山本英明

6月7日のミサについて

6月7日のミサに関して
5月31日のミサの参加者はある程度距離がとれると判断した60名の目標に対して62名の参加者でした。
阿倍野教会所属でない方々、ホームページの注意事項を読める環境にない方々もおり、今後も参加者の予想はできません。
5月31日は悪天候もあり、参列者を抑えられたと思います。
6月7日も不完全な予防対策に陥る可能性は拭えず、また予防をしたところで、完全に感染が防げるとも限りません。
どうかこの状況を不安に思う方、悪化が懸念されている持病をお持ちの方、高齢者の方は司教より主日ミサの義務の免除が与えられておりますので、どうか引き続き、自宅での祈りをおすすめします。
今後もあまりに距離をとれない状況、司祭、信徒の感染がありましたら、公開ミサを主任司祭の判断で中止にすることがあります。どうか主日のミサ免除に該当する方は、現役で平日お仕事されている方に、安全な距離を譲っていただけたらと思います。
平日のミサは朝7時より行っています。
参加者は10名もいませんので、距離を保ち、ご聖体拝領できますので、是非!
カトリック阿倍野教会
主任司祭 山本英明

ミサに与る皆さまへ

責任者である主任司祭として以下のことをお願いします。

  • 31 日よりミサは再開しますが、教会内でのミサ以外の集会、会議等は当面の間、自粛。
  • ミサ中、感染予防のための指示には必ず従うこと。
  • 教会内では不要不急の会話は控え、ミサ後はお互いの間隔をとり、速やかに教会の建物から 出ること。
  • また、当教会では、大阪教区発信のガイドラインを守れない状況に陥る可能性があります。 以下、不安を感じる方はどうか自宅でしばらく祈り続けられることをおすすめします。
  • 参列者数によっては、1.5~2 メートルの距離を開けることが不可能です。気にされる方は参 列を控えてください。
  • マスクを所持されていない方など、ガイドラインに従った感染予防に協力なされない方が 参列する可能性があります。それを不安に思う方は参列を控えてください。
  • 感染によって重篤な症状に陥る可能性がある持病をお持ちの方、高齢者(前期高齢者 65 歳 以上)の方は、しばらく主日のミサを控え、自宅で祈り続けることを強く勧めます。
  • 平日のミサについて 平日のミサを 6 月 1 日より、朝 7 時から再開します。朝 7 時は天王寺、阿倍野近辺の人通 りも少なく、公開ミサ中止前、ミサ参列者も 3 人~20 人程度でした。聖堂内での十分な距 離を保ち、ガイドラインを守ることが容易です。ガイドラインが守られないことに不安な方 で、平日、お仕事前に、またはお仕事がお休みで参列可能の方、健康に不安のない高齢者の 方は、ぜひ、しばらくの間、平日朝 7 時のミサに参列してください。ミサは 20 分程度です。 初金のミサは当面中止いたします。(月~土 毎日朝 7 時・初金なし) 

以上のことを心得て、各自の判断で行動してください。

以下、忙しい方は下線部分のみの確認で結構です。

  • 当教会は利便性から、当教会に所属されていない方も参列する可能性があります。よって参 列者すべてに事前に連絡をし、ガイドラインを徹底することは不可能です。31 日どれほど の参列者になるか予想もつきません
  • 未だ不明な点の多いコロナウイルスに対して、考え方も人それぞれです。それゆえに、ある 一つの意見を強制することはできません。皆様の判断次第です
  • しかし、教会は社会的責任もあります。31 日からミサを再開することを不安に思う、それ は周辺住民の皆様、すべての社会の方々も同じです。突然、以前のように多くの人が集れば、 それを近所の方々はどう思うでしょうか?また教会で一人でも感染するようなことがあれ ば、教会は社会的に責任を問われることとなります。未だ、第二波、第三派の注意が呼びか けられている状況での再開です
  • したがって、31 日に再開されましても、どうか皆様の努力で、主日のミサは 60 名以内の参 列者として欲しいですそして、しばらくコロナウイルス感染の状況をみて、今後どうする か判断したいと思います。この人数なら 1.5~2 メートルの距離が守れるでしょう。
  • そのために、少しでも不安に思う方、65 歳以上の高齢者の方々が平日のミサに参加するこ と、または自宅で祈り続けられることを検討されることで比較的容易に実現可能だと思い ます。
  • 当教会では多くの方が公共交通機関を使い、商業施設を通って来られます。そこにも感染の 危険性がゼロではありません。どうか皆様ご自身、ご家族、他の参列者の方々、周辺近隣の 方々、社会全般のことも考えて行動してください。
  • 大阪教区の公開ミサ再開の措置に従い、大きな不安がありますが、再開します。司祭が感染 すれば、再びミサは中止になります。皆様のみならず大阪教区の他の教会でミサが原因と思われる感染が起これば、再び公開ミサは中止となるでしょう。よって、危険を感じるほどガ イドラインから逸脱した環境と判断した場合、主任司祭の判断で主日の公開ミサを中止す ることもあります。ご了承ください。

カトリック阿倍野教会
主任司祭 山本英明